運転資金融資

運転資金融資

運転資金の融資

運転資金などの、事業性資金の融資を検討しているのであれば、ビジネクストなどのビジネスローンをおすすめします。

ビジネクストカードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
8.0%〜18.0% 最短即日 原則不要 なし 1000万

貸付条件をご確認ください


ビジネクスト 不動産担保ローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
5.0%〜15.0% 迅速 担保:土地・建物
保証人:原則不要
なし 100万〜1億円

貸付条件をご確認ください


オリコ事業者ローン「CREST for Biz」

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
7.8%〜18.0% 迅速 不要 なし 最高100万円

貸付条件をご確認ください


 

 

 

運転資金の融資ならカードローンが最適

運転資金の調達に困ったなら、カードローンをお勧めします。
もちろんカードローンなら何でもというわけではありません。
銀行や消費者金融が発行している一般向けのカードローンは、事業性資金への用途は禁止しているためです。
生活費などの名目なら普通のカードローンでOKですが、運転資金などの事業性資金は、ビジネスローンのカードローンを申し込むようにしましょう。

 

また、運転資金融資にカードローンが最適なのは、"繰り返し使える"というメリットがあるからです。

 

通常、運転資金に困ることは一回にとどまりません。
二度、三度と運転資金に困ることがむしろ普通ですから、いったん発行されると繰り返し利用できる(=融資を受けられる)カードローンが一番便利に使えるのです。

 

審査時に設定された限度額の範囲内でという制限はつきますが、運転資金の調達に追われるたびに銀行の窓口で融資を申し込んで書類を提出して、、、という煩わしさからは解放されるでしょう。

 

 

 

 

新着記事

 最近ではあまり話題にならなくなりましたが、10年ほど前、事業者向け金融いわゆる商工ローンというものが、かなり問題になった時期がありました。 「臓器を売って金を返せ」という過激な言葉を使って取り立てをしていた商工ローンの最大手と、業界2番手の会社の社長が国会に参考人招致されたことがあります。  私はその2番手の会社で営業をしていたことがあります。労働条件がかなり過酷で、ほぼ毎日朝8時から終電まで働いておりました。仕事の内容もきつく、上からのプレッシャーはかなりのものでした。  そのような中でも新規開拓して契約できたお客様と、信頼関係を結ぶことができると、少しばかりのやりがいが生ま.......
日本とアメリカでは基本的に借金の考え方、捉え方が違っています。 日本は現金第一主義といいましょうか、借金が無い事がステータスになります。 一方、アメリカでは借金が出来て、きちんと支払いが出来る事が信用に繋がる。日本人から見ると不思議な考え方です。 どちらが正しい事かは見解が分かれるところですが、 借金は無いにこした事はないな、と私は思います。 アメリカのテレビドラマや映画の中でも、 行方不明や、事件に巻き込まれた時にも、 月末の支払いを気にする台詞があったりします。 勿論、月末の支払い時期は日本でも、 多くの人が気にしていらっしゃるはずですが、 はっきり.......
借金にも色々ありますが、 どんな借金も返済計画をきちんとたてないといけません。 私のまわりでは、何人か、破産をしたひとたちがいます。 ひとりは、脱サラをして、小さな個人会社を作って運営していた人。 彼は大会社でトップセールスだっただけあり、営業力ももありました。 会社経営も順調でした。 問題は、彼が博打好きだったという事です。 サラリーマン時代はお給料の中のお小遣いの範囲でやっていた博打も、 自分でコントロールする会社経営の中の資金があるので、 公私混同で、売り上げのあがった分だけ博打につぎ込んでしまったのです。 親しい友人からも借金.......

ホーム RSS購読 サイトマップ